Unknown Number!!!「キボウノヒカリ」インストアイベントレポ/高橋美里

beatdown_03_s

Unknown Number!!!(左から松田 凌・宮崎秋人・北村 諒)

キボウノヒカリが照らした未知数の可能性

 5月25日、若手舞台俳優の宮崎秋人、松田 凌、北村 諒による音楽ユニットUnknown Number!!!(通称・アンナン)のインストアイベントが東京・タワーレコード渋谷店にて開催された。

 松田はミュージカル「薄桜鬼」やTVドラマ「ニーチェ先生」など、宮崎は舞台『東京喰種トーキョーグール』、ライブ・ファンタジー「FAIRY TAIL」、北村も舞台『弱虫ペダル』、舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺などで人気を博している。宮崎と北村は先日、8月よりBSスカパー!にて放送開始のドラマ「弱虫ペダル」への出演が発表され、今や3人とも幅広いジャンルでの活躍が目覚ましい若手俳優だ。2人ずつの共演は今までも幾度かあったものの3人が揃って、という作品は未だかつてなく、唯一宮崎の1stDVD『Shooting Star』に松田・北村がゲスト出演しているのみだ。そんな3人がユニットを組み、しかもユニット3人が初めて揃うお披露目イベントということで、 当日は350人分の参加券つきCDと、ハイタッチ参加券もすべて完売。開演前から会場内は初お披露目となるUnknown Number!!!のパフォーマンスへの期待であふれていた。

 司会から「Unknown Number!!!は好きですか!」の掛け声に大きな声で応える客席、そして客席からの歓声に押されるようにステージに登場した3人はMVの衣装と同じステージ衣装で登場した。

 

matsuda_01saizenseki

shuto_05_saizenseki

kitamura_04_saizenseki

 (左から松田 凌・宮崎秋人・北村 諒)

 リリースイベントはすでに各地で行われていたが、3人そろうのは今回が初めて。「おれ、初めてなの、Unknown Number!!!として人の前に立つの。改めまして 松田 凌です!」と一歩前に出て深々と礼をした松田に続いて「宮崎秋人です!」「北村 諒です!」と自己紹介をし、イベントは始まった。

 

 はじめのトークでは、各地のイベントで募集されていた質問の中から「Unknown Number!!!を好きなファンの呼び方を決めてほしい」というもの。さて、ここからは会場の雰囲気を少しでも楽しんでいただくべく、完全収録でお届けします。

 

宮崎:20分もらっていいですか?(笑)
北村:はい、今ぱっと思いついたこと言っていい?Unknown Number!!!でしょ?だから、アンコ
(会場爆笑)
宮崎:……アンコ?
北村:アンコ、カタカナで書かないとまずいことになるよ(笑)
宮崎:Unだとね……(笑)
松田:すいませんね、ほんとに!
宮崎:ナシで!!
北村:却下!
松田:それより、はじめから漫談みたいになってるけどいい?(笑)
宮崎:みんな、何かありますか?こういう風に呼んでほしいとか。
(客席にマイクをむけて挙手をうながす 客席:アンナー!
松田:おしゃれ!
北村:アムラー、みたいな?
宮崎:ちょっと世代が違うよね?
松田:でも最初からかっこいいの出ましたね
宮崎:アンコよりいいんじゃない?
北村:アンコのことは忘れろ!(笑)
客席:アンジョ!
松田:それも素敵だなー
客席:数字!
宮崎:数字!?斬新だ!
北村:数字のみんなー!
客席から歓声
松田:これ新しいな、「1!」「2!」「3!」って呼びかけたらそれぞれ「わーー!」ってなるんでしょ?
宮崎:あ、きた!降りてきた!
松田:お前そういう時、本当にいい表情するよな!
宮崎:おれたちUnknown Number!!!でしょ、未知数の可能性でしょ、おれたちのことを応援してくれているここにいる人たちとか、ここに来られなかった人たちや、これから出会うたくさんの人たちがいるわけだよね。未知数のメンバー、Unknown Member(アンノウンメンバー)、ってことでアンメンってどうでしょう!
松田:すごいいいけど、ふりが長すぎて最後のほうよくわからなかった(笑)
宮崎:(会場の反応を見ながら)あんまりしっくりきてない?やめよう!
松田:あ、今、ポってでたんだけど、いい?今ここが一瞬にして氷になる可能性もあるんだけど
宮崎:いいよいいよ
松田:Unknown Number!!!ってUn(アン)から始まるじゃない?だからUnswer!!!(アンサー)ってどう?アンサー(語尾あがる)とも言える。おれたちが届けたものから答えとして返してくれる、みなさんがおれたちの答えですよ、未知数(Unknown Number!!!)の答えを出すのはみなさんですよ!っていう意味で。(おおおお、と会場から拍手と歓声)今、ポって出したけど、すっごい恥ずかしい!
北村:アンコよりましだよ(笑)
宮崎:これで多数決とろう、アンコ、アンメン、Unswer。アンサーって本来スペルはAnswerだけど、どうする?
北村:そこはUにする?
松田:Unswer!!!?長いかな
宮崎:大丈夫だよ!じゃあいこう、アンコがいいと思った人拍手!(ちらほらと拍手)
北村:あ、少しはいるんだねありがとう、やさしさ。
宮崎:アンメンがいいと思う人!(ちらほらと拍手)……あ、なるほどね、じゃあUnswer!!!がいいと思う人!(大きな拍手)これで決まりだね!
松田:でもいいのかなこれ勝手に決めちゃって、大丈夫ですか?
宮崎:こういうのはおれたちが勝手に決めることだからいいんだよ
司会:客席のお客さんにきいてみてください
松田:じゃあ秋人、よろしく
宮崎:Unswer!!!のみなさん!これでいいですか!
(会場から盛大な拍手と歓声)
宮崎:今日のブログのタイトルは「Unswer!!!」のみんなへ、で決まりね。命名・松田 凌で。
松田:おれ、あまりに責任重大すぎてもう歌えないかもしれない
北村:いや、そこは歌ってくれよ(笑)

 

 AnswerになぞらえてファンをUnswerと呼ぶことが無事に決まり、いよいよライブパートへ。司会から「今回はMVのバージョンと振付が違います」と発表があり、「だから自主練したんだよ!」と宮崎。25日、新宿・タワーレコードでのイベント前に北村と自主練をしていることをTwitterで明かしていたのだ。メンバーは袖に下がり、いよいよ初ライブが始まる。

beatdown_saizenseki

beatdown_02_saizenseki

shuto_07saizenseki

 照明が落ち、宮崎をセンターに、3人が舞台上に登場する。まず、カップリング曲であるラップが特徴的な「beatdown」から。イントロの重低音が会場内に鳴り響き宮崎の「行くぞUnswer!!!」の掛け声とともに、会場をあおる宮崎と両サイド向かい合う北村松田はまさに、バトルの最中であるかのような鬼気迫るダンス・ラップを披露する。今は同じユニットのメンバー同士だがステージの上ではライバルである3人の関係性を、曲が、ダンスが、歌詞が表現していたように思える瞬間だった。途中、北村松田が胸倉をつかむ振付には思わずハッとするものの、その振付が曲と融合して、物語のワンシーンのように見えた。全身で曲にノり、客席をあおり、3・2・1!のタイミングでストロボ効果の照明の中はじけるように3人が舞台せましと跳びはねる姿に客席の盛り上がりもピークに。「ぶっ飛ばすぜ かかってこいや!」と歌詞に合わせて客席をあおる3人に客席からの歓声はより大きくなった。

 

 1曲目が終わり、MCへ。「途中振りがぶっとんだ」という宮崎に、「大事なのは今この場の空気を楽しむことだとおもう!3人で歌うと楽しい!」と返す松田の満面の笑みがとても印象的だった。北村は「途中の、ストロボ(照明)かっこよかったね!」と話し、「思わず跳んじゃったよ!リハで跳んだことなかったのに。」と宮崎。客席とステージの3人がまさに一体となり作り上げた「beatdown」から、テレビ東京系列で放送されているアニメ「遊☆戯☆王 ARC-V」のオープニング曲「キボウノヒカリ」へ。

kitamura_06saizenseki

shuto_11_saizenseki

 

宮崎が「この曲で、おれたち3人でみなさんが踏み出す一歩の背中を押せたらいいなと思っています。」と話したように、「キボウノヒカリ」は、どんな時でも前へと私たちの背中を押してくれるような明るいナンバーだ。MVと違うダンスはより一層躍動感あふれるものになっていて、普段舞台上ではあまり見ない3人がそこにいた。まさにライブならでは。3人でのパフォーマンスは息が合っていて、ステージを囲む観客たちも一体となれるような雰囲気に包まれていた。単なる俳優の枠を超えて、彼らが新しいステージに立つ瞬間を彼らとともに味わえる興奮があり、Unknown Number!!!の初ライブは、大きな歓声と、3人の生み出す未知数の可能性にあふれたステージとなった。

 

 リリースに先立ちカップリングの「beatdown」の一部がYouTubeにアップされている。バックで流れている映像は「キボウノヒカリ」Limited Bに収録されているスペシャルムービーの一部。MVが収録されているLimited Aと併せて楽しむのがオススメ。

 

 インストアイベントはこの後も開催が決定しているので詳しいスケジュールなどは公式HP・Twitterでチェックを。

 また、Unknown Number!!!は7月17日にZepp Tokyoで開催される「BREAK OUT夏祭2016」への出演が決定している。一体どんなステージになるのか、楽しみでならない。

 

そのほかの画像はこちら!!!

まずは登場からbeatdownまで

shuto_02saizenseki

matsuda_03saizenseki

shuto_01saizenseki

kitamura_01saizenseki

shuto_08saizenseki

shuto_06saizenseki

kitamura_02saizenseki

shuto_09saizenseki

kitamura_03saizenseki

MC中 3人で歌うと楽しい!

matsuda_02saizenseki

shuto_04saizenseki

kitamura_05saizenseki

shuto_15saizenseki

matsuda_04saizenseki

2曲目キボウノヒカリへ

kitamura_08saizenki

shuto_10saizenseki

shuto_13saizenseki

shuto_12saizenseki

shuto_14saizenseki

終演後!!!

3shot_saizenseki

イベント会場ポスターはこちら

IMG_5331_saizenseki

写真は公式提供により 禁・無断転載

公式 http://unknownnumber.jp/

Twitter @Unknown_Number3

夏祭2016公式 http://break-out.jp/matsuri/

Unknown Number!!!「キボウノヒカリ」カップリング曲 「beatdown」一部公開

「キボウノヒカリ」発売後メンバーコメント動画公開!!!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PAGE TOP