どんめっつー(どんめっつー)

「誘われたら、観に行く!」というスタンスの会社員

観たり聴いたり

家族がジャンプ、マガジン、サンデーといった少年誌から女性誌、少女漫画誌……など
それぞれに愛読誌があり、なんの制限もされずそれらを読みまくり、
弟&妹が生まれた後は、もろもろ忙しくなった両親から
とりあえず月に1冊の本を買ってあげる、と本を与えられて育ってきた地方民です。
最初にもらったのは絵本の「ちいさなきいろいかさ」。

現在は、終わらない仕事に追われる会社員です。
観劇はいやし。

 

PAGE TOP