緊急! 俳優&劇団を応援。ファンと交流ができる、課金型の動画配信ツールをここに紹介・個人編

PAKS_aozoratosupika_TP_V

 

 こんばんは、最善席です。新型コロナウイルスの猛威により、イベント・公演の自粛が続く中、応援企画として、簡単にすぐに始められる、応援と交流できるライブ配信ツールを緊急紹介いたします。

 

 初めまして、つかみです。名古屋の出版社で広告営業と編集を経験し、今はフリーで活動しています。演劇が好きで、大好きな劇団の方々のお役に立てればと思い、寄稿させていただきました。この記事が何かのきっかけになれば良いなと思います。
 今回は、皆さんの身近にある個人向けのサービスを、知名度を考えて3つピックアップしました。

 

Twitter(Twit Casting)
SHOWROOM
LINE(LINE LIVE)

以上のサービスをわかりやすく紹介します。

Twitter(Twit Casting)

ツイキャスと呼ばれている。パソコン、スマートフォン、タブレットなどでライブ配信ができるサービス。個人向けとしているが、法人利用も可能。Twitterと連動しており、配信が始まるとフォロワーに通知が届くのも強み。

【公式サイト】
 Twit Casting https://ja.twitcasting.tv/
 ※スマホ・タブレットの配信は「ツイキャス ライブ」アプリが便利
キャスマーケット https://twitcasting.tv/shop.php

【開設条件】
 twitterアカウントでTwit Castingページかアプリにログイン
 ※ログイン可能アカウントは他にもあるが、連動できるtwitterがよい
【開設費用】 無料
【放送時間】 最大30分(コンテニューコインで4時間まで延長可)
【収益化】
・「キャスマーケット(デジタルコンテンツ/生配信でない)(プレミア配信/生配信)」(チケット販売型有料放送)
 条件:出品者登録
・「有料お茶爆」(投げ銭)
 条件:直近3か月の累計視聴時間が100時間以上の18歳以上(要申請・審査)
・「キートス」(企画支援型投げ銭)
 条件:直近3か月の累計視聴時間が300時間以上の18歳以上(要申請・審査)
・「動画収益(β)」(広告収入還元型)
 条件:直近3か月の累計視聴時間が1000時間以上の18歳以上(要申請・審査)

ワンポイント!

 練習風景や作業風景、ゲーム実況などを配信している投稿者も多く、稽古風景とも相性がいいと予想できます。公式サイト内にて「キートス」で検索すると現在の企画の一覧が見られるので、どんな企画が目標達成しているのか確認することができます。また、投げ銭のお茶爆は、無料お茶爆と有料お茶爆が混在し、思ったよりも収益が上がらないとの声もあります。「キャスマーケット」は累計視聴時間100時間以上の条件がなく、生配信ではなくコンテンツの配信やチケット販売型なので、初めて、かつコンテンツを持っている方にはハードルは低そうです。

SHOWROOM

数あるライブ配信の中でも認知度が高いサービス。「アマチュアアカウント」は誰でも始めることができる。「公式アカウント」には審査が必要。サービス開始当初は、『アイドル系タレント(またはその卵たち)が配信し、視聴者との交流を楽しむ』というコンセプトだったため、今でもその名残が残っている。

【公式サイト】
https://www.showroom-live.com/
※スマホ・タブレットの配信は「SHOWROOM」アプリが便利
【開設条件】
 twitterアカウントでSHOWROOMページかアプリにログイン
 ※Facebookでもログインできるが、一部機能が制限される
【開設費用】 無料
【放送時間】 最長で連続12時間
【収益化】
・「ギフティング(スペシャルギフト)」(投げ銭)

ワンポイント! 

「ふわっち」「Pococha(ポコチャ)」「17 Live(イチナナ)」など、数多くのライブ配信アプリがありますが、それぞれに使い勝手がちがうので試してみてください。Web上に比較記事もいろいろとあります。SHOWROOMはエンタメに強い印象があり、公式アカウントには「アイドル」「タレント・モデル」「ミュージック」「声優・アニメ」「お笑い・トーク」「スポーツ」のジャンルに分かれているので、視聴者も自分の好きな配信者を探しやすくなっています。

LINE(LINE LIVE)

LINE LIVEを配信するに当たっては、公式アカウントを作っておくと便利。公式アカウントは、制限はあるが無料で認証アカウントを作ることができる(要審査)。審査不要の未認証公式アカウントもある。LINEと連動しており、配信が始まると、LINEで通知が届く。

【公式サイト】
 LINE LIVE https://live.line.me/
 LINE公式アカウント https://www.linebiz.com/jp/
 ※どちらもアプリあり。
【開設条件】
 LINEアカウントID(公式アカウントID)でLINE LIVEページかアプリにログイン
 ※Twitterアカウントでもログインできるが、連動できるLINE公式アカウントがよい
【開設費用】 無料
【放送時間】 最大60分
【収益化】
・「有料ギフト」(投げ銭)
 ※現金ではなくLINEポイントでの収益となるので注意。
 ※LINEポイントは有効期限あり。LINE PAYで使える。

ワンポイント!

 LINE LIVE・公式アカウント、共に、無料プランは個人事業主の方たちがうまく使っている印象です。使い勝手もよく、組み合わせれば、交流ツールとしても、告知ツールとしても十分に使えると思います。ただ、収益がポイントでの配布になるのは、ネックかもしれません。

 どのサービスも、スマホやタブレット、PCを使って簡単にライブ配信ができます。応援している劇団の方々、動画配信ツールを使ってみてはいかがでしょうか。

最後に

 新型コロナウイルス騒動で、どんどん公演が中止になっていくのを見て、こんな時だからこそ劇団の方々を応援したいと思い、自分なりに情報を集めていました。今回、とあるご縁から掲載記事としてまとめる機会をいただきました。みなさんの応援する俳優、劇団の方々に、こういったサービスがあるよと、もしよかったらお伝えください。

取材・文/つかみ
写真/ぱくたそ

※本情報は2020年3月30日時点に、公式サイトなどを参考にまとめた内容です。後に変更になる場合もございます。

掲載の写真・記事はすべて本サイトに帰属します。一切の無断転載、無断複製を禁じます。

著: | カテゴリー:レビュー,レポート
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PAGE TOP