主演、高橋龍輝。こんなにも暴力的に心えぐる、山崎がいた。つか十三回忌最後を飾る『初級革命講座 飛龍伝』開幕!

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

おかえりなさい、役者・高橋龍輝。
ずっと、待ってた。

 

撮影・文/おーちようこ

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

十三回忌追悼公演の最後を飾る、つかこうへいLonely 13 Blues『初級革命講座 飛龍伝』通し稽古を観て、言葉にならなかった。ならなかった……なんてもんじゃない。今、一言でも声を出したら感情が決壊して、一歩も動けなくなる。それほどの衝撃だった。

7月22日、新宿は紀伊國屋書店4階の奥にある、紀伊國屋ホールで、その通し稽古は始まった。

『飛龍伝』のタイトルで広く知られる戯曲の原型である、この物語に登場するのは世界観と用語紹介の前説(大石敦士)と3人の役者。つづられたのは、60年代の学生運動時代の歪んだ、けれどあまりにも不器用で純粋すぎる、愛の物語。

saizenseki20220723

機動隊員、山崎(高橋龍輝)のモノローグから始まる。それは学生たちを蹴散らすための放水にさらされ、ずぶぬれで公衆電話ボックスのなか、倒れていた小夜子(佐々木ありさ)を助けた夜ののこと。敵対する立場でありながらも、互いを思いやるふたり──けれど、己の任務に愚直すぎる彼らは本当の思いを口にすることができない。そして、運命の日。11.26、国会議事堂前で小夜子は散る。

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

時は流れ、かつて、機動隊員のジェラルミンの盾すら砕く石「飛竜」の投げ手だった元全学連の闘士・熊田留吉(久保田創・吉田智則Wキャスト/写真は吉田智則)は今や挫折し、息子の嫁・アイコ(佐々木二役)が集めた石を磨く日々を送っていた。そこに訪れる、元機動隊の山崎。彼は熊田が未だに革命の志を捨てずにいるのではないか、と日々、調査に訪れている。

電化製品に囲まれ、すっかり新しい生活で腑抜けた熊田に、山崎は、また闘争しようぜ、あのころを思い出せよ、と挑発する。それを、のらりくらり、と交わす熊田。

しかし、山崎を突き動かす真の理由は、小夜子は自分を裏切っていたのか? もしかしたら愛されていたのではないか? という疑念と学生運動で半身不随となってなお、その輝かしい記憶にすがるしかない多くの機動隊員への思いだった。

大学を卒業し、元全学連からも卒業し、革命自体もなかったかのように暮らす熊田たちに山崎は叫ぶ。小夜子が信じた革命──それが実現しなければ、小夜子の存在意義はなんだったのか、と。

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

……ああ、もう、どれだけ言葉を尽くしても、この舞台の凄みは伝わらない。書けば書くほど、片っ端から陳腐になる。あるのはただただ、吐き続けられる膨大な台詞。汗。涙。慟哭。生身。

小夜子への愛が信じられず、けれど信じたくて信じたくて、己のいじけた根性が情けなくて、彼女が願った革命を、もはや社会人となり出世したかつての元全学連の闘士たちに実現してもらうことでしか、小夜子への愛を伝えられない、不器用すぎる山崎。

小夜子の心あたたまる言葉よりも、己を罵倒する言葉に安堵する卑屈さが、愚かさが、哀しさが、こじれにこじれ、なお、あふれ出る想いが暴風雨のように客席を襲う。

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

そんな山崎を、ただひたすら無骨に実直に演じる高橋龍輝の燃えさかる命を、輝きを、熱を、涙を、今、この場でつづりきることができないのがもどかしい。

2015年、つかこうへいTriple Impact『いつも心に太陽を』で観る者の心を全部、持っていってしまった、この役者が、つかこうへい作品に戻ってきたのは、2020年『あずみ〜戦国編〜』。コロナ禍にあってスケジュールの半分以上が中止となった、この公演の次は2021年の『修羅雪姫』。

そして、2022年。『新・熱海殺人事件 ラストスプリング』の 熊田留吉を演じ、満を持して紀伊国屋ホールのど真ん中に立つ。本日、初日。明後日千秋楽。わずか三回だけの奇跡のような公演を、観て、ほしい。おそらく、つかこうへい作品に挑む/挑んだ役者は、その姿に嫉妬することだろう。

これほどまでに狂おしい山崎、を届けてくれた高橋龍輝さんに心から感謝を込めて。おかえりなさい。待っていました、と、ここに記します。

最後に。つか作品を守り続け、本作品も手がける、岡村俊一氏に謝辞を。高橋龍輝という役者に場を与えていただいたこと、ほんとうにほんとうにありがとうございます。

saizenseki20220723

saizenseki20220723

saizenseki20220723

初級革命講座 飛龍伝
2022年7月22日(金)~7月25日(月)
チケット料金 6,500 円(全席指定・税込み)※未就学児入場不可

【チケットお取り扱い】
ローソンチケット
https://l-tike.com/lonely13blues/
※PC/スマートフォン共通
ローソン、ミニストップ店内端末「Loppi」(直接購入可能)
飛龍伝  Lコード: 32209

イープラス
https://eplus.jp/lonely13blues/
ファミリーマート店内端末「Famiポート」(直接購入可能)

チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/lonely13blues/ ※PC/スマートフォン共通
セブン-イレブン店内端末(直接購入可能)
セブン-イレブンにて発券、または電子チケット[MOALA Ticket Cloak]での引き取りも可能
※電子チケット[MOALA Ticket Cloak]のご利用には通信契約をしているスマートフォンが必要です
Pコード:513-546

紀伊國屋ホール
キノチケットカウンター(紀伊國屋書店新宿本店5階/店頭販売のみ10:00~18:30)
キノチケオンライン https://store.kinokuniya.co.jp/ticket/

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

PAGE TOP